キャッシング・カードローン・コラム

> 2017年03月17日

コラム(2017年03月17日)

[Vol.96]
キャッシング(カードローン)で年収の何割程度の金額を借入れていますか?

急な出費や生活費が足りなくなった際などに役立てられているキャッシング(カードローン)。数万円だけの少額利用をする方もいれば、100万円以上をまとめて借入れる方もいらっしゃいます。
では、キャッシングの利用金額は、年収の何割程度の方が多いのでしょうか。今回はキャッシングを利用した経験のある方を対象に実施した、借入れ金額と年収との関係についてのアンケート結果をご紹介します。


キャッシング額は「年収の1割以下」が約半数

キャッシング額は「年収の1割以下」が約半数

キャッシング利用経験を持ち、現在借入れを行っている30~60代の男女に「キャッシング(カードローン)で年収の何割程度の金額を借り入れていますか?」という質問をしたところ、「5%未満(20.0%)」「5~10%未満(28.3%)」となり、年収の10%以下と答えた方が約半数を占めました。

以下、「10~20%未満(16.7%)」「20~30%未満(10.0%)」「30%以上(11.7%)」となり、ある程度まとまった金額を借り入れしている方も、それぞれ一定数いらっしゃるようです。


「総量規制」という言葉の理解度は半々

「総量規制」という言葉の理解度は半々

続けて、「総量規制という言葉をご存じですか?」と尋ねたところ、「理解している」と「言葉を聞いたことがあり、内容もある程度理解している」の合計と、「言葉は聞いたことがあるが、内容は知らない」と「知らない」の合計がそれぞれ50%ずつとなり、総量規制について理解している方と内容をよく知らない方の数が半々程度という結果になりました。

総量規制とは、個人の借入総額を制限する規制のことです。貸金業法により定められており、借入残高が年収の3分の1を超えた場合、原則として新たに借入れをすることができません。
ただし、銀行からの借入れや法人名義での借入れは対象外となります。また、銀行以外の金融機関から借入れをする場合も、総量規制の例外・除外となるものがあります(返済専用の「借換えローン」や住宅ローン、自動車ローンなど)。

質問1で「借入金額が年収の30%以上」と回答した方の中にも「総量規制という言葉は聞いたことがあるが、内容は知らない」と回答した方もいるなど、詳しく内容を知らないままにキャッシングを利用している方も中にはいらっしゃるようです。

総量規制については、こちらのページで詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。


おわりに

今回はキャッシング(カードローン)の利用金額と年収との関係についてのアンケート結果をご紹介しました。
キャッシングの利用金額は年収の1割以下という方が約半数でしたが、総量規制への理解度から分かるように、年収とキャッシングの関係については詳しい知識を持っていない方も多いようです。
安心してキャッシングを利用していくためには、正しい知識が必要です。ダイレクトワンのホームページではキャッシングにまつわるさまざまなコラムを掲載しています。キャッシングのご利用や返済などに不安や疑問をお持ちの方は、ぜひ参考になさってください。


調査概要

調査区域:47都道府県
調査方法:インターネットリサーチ
実施期間:2016年10月17日
有効サンプル数: 110(30~60代の男女)