キャッシング・カードローン コラムCOLUMN

コラム(2016年06月10日)

[Vol.51]
ライフプランをシミュレーションする重要性

ライフプランをシミュレーションする

ライフプランとは、いわば人生の設計図のようなものといえます。これから家を建てようというときに、設計図なしでいきなり作業を始める方はいないでしょう。同じように人生を送るうえでも計画性や方向性が必要です。一時的にお金が足りないとき、キャッシングなどのローンを利用して夢を実現することができますが、計画的に利用しないと貯金がしにくくなるなどのデメリットもあります。
今回は、キャッシングなどのローンを利用する前にライフプランをシミュレーションする重要性についてご説明します。

予想できるイベントはたくさんある

予想できるイベント

長い人生だからこそ、将来何が起きるか分かりません。人によっては「前もって計画を立てていても、どうせそのとおりにならないからあまり意味がない」と考えるかもしれません。
確かにいつ病気になるか、または事故に遭うか、さらに極端な話をすれば、いつ死んでしまうかは誰もが予測不可能です。しかし、人生の中には予想できるイベントもたくさんあります。

たとえば結婚時期や、その後に子どもをもうける時期などは、ある程度具体的に考えている方も多いでしょう。また、すでに子どもがいるなら、いつ高校や大学に入学してまとまった資金が必要になるのかは、生まれた時点ですでに確定しています。

さらに、自家用車の車検や家族旅行といった小さなイベントも、前もって予定を立てられます。そして、住宅を購入したらローンの返済がどのくらいになるのか、定年後の老後資金はどのくらい必要なのか、ということもある程度具体的に計算できるでしょう。

ライフプランをシミュレーションするとき、まずはこのようなイベントを表に書き出してみます。家族の年齢とともに予想されるイベントとその際に必要となる資金額をまとめていきましょう。ライフイベント表を作成すれば、漠然と頭の中で考えていたことが具体的にイメージできるようになるはずです。

予想できるイベントには貯金で、予想できないことには保険で

予想できないことには保険

よくいわれる言葉に「貯金は三角、保険は四角」というものがあります。この言葉はお金の貯まり具合を表わしています。
貯金は毎月少しずつ積み立てていくことにより、時間の経過とともに右肩上がりで増えていきます。それをグラフで表すと三角形です。保険は加入したそのときから、保障額はずっと同じままです。つまり、四角形を形成します。

ライフイベントの中で具体的な時期が予想できる事柄は、それに向けて目標を定め、貯金をして備えましょう。逆に病気や事故、死などのいつ起きるか分からない事柄は、貯金だけでは対処できない場合があります。常に一定の保障額を受け取れる保険がふさわしいといえます。
ただし、保険にいくつも加入して、毎月の保険料が生活費を圧迫しては、まさに本末転倒です。どこまでの保障が必要なのかは家族構成や年齢、持ち家の有無等により大きく変わります。家族や家計の状況をよく分析し、定期的に保障内容を見直すようにしましょう。

なお、すべてのリスクを保険でカバーすることは現実的ではありませんが、カバーしきれない部分はキャッシング(カードローン)等で補うことも可能です。キャッシング(カードローン)は利用しなければ利息等の費用が発生しないため、固定費なしでいざというときの安心を確保できます。

また、住宅や車の購入など、まとまったお金が必要なライフイベントに際しては、目的に合ったローンを利用する機会も多いでしょう。このようなイベントもライフプランにあらかじめ組込み、生活を圧迫することなく無理なく計画的に返済できるようにシミュレーションを行なっておきましょう。

キャッシュフロー表で具体化する

上記に挙げたような要素を考慮し、ライフプランニングをさらに具体的にシミュレートします。ライフプランニングとは、主に「限りあるお金をどのように配分していくか決めること」です。キャッシュフロー表を作成して、さらにライフプランを具体化しましょう。
つまり、毎年の予想収入と支出を書込み、その結果貯蓄額がどのように変動するかの見積もりを立てます。
支出には食費、光熱費、通信費、税金などに加え、保険料や住宅ローンの支払いも含めます。このキャッシュフロー表とライフイベント表を見比べると、予想したイベント時に十分な資金が手元にあるかどうかが一目瞭然です。もし資金が足りないようなら、収入を増やせるのか、あるいは余分な支出がカットできるのか、問題点を洗い出して対策を練ることができます。

おわりに

実際、いくら細かくシミュレーションしたところで、そのとおりに物事が進むわけではありません。物価は変動しますし、資産が目減りする可能性もあります。予想どおりに収入が入らないこともあるでしょう。

しかし、このようなシミュレーションを通じて、家族の人生全体を見通す視点を持つことができます。ぜひ、家族で一度時間をとって、ライフプランをシミュレートしましょう。
なお、予測できない出費や収入の目減りに対する備えとしては、キャッシング(カードローン)という打開策もあります。事前にキャッシング(カードローン)を契約しておくと、いざというときに便利です。急なイベントにも対応できるため、安心感にもつながるでしょう。

基礎知識 アクセスランキング

アクセスランキングをさらに見る閉じる

その他のカテゴリーから探して読みたい方