キャッシング・カードローン コラムCOLUMN

コラム(2015年09月25日)

[Vol.2]
フリーローンとは?カードローンと銀行のフリーローンの違い

カードローンとフリーローンの違い

「フリーローン」や「カードローン」という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。フリーローンとカードローンは、どちらもお金を融資してもらうローン商品ですが、その違いをご存じでしょうか。
今回は、カードローンと銀行のフリーローンの違いについてご紹介します。

カードローンとは?

カードローンとは

カードローンとは、銀行、消費者金融およびクレジットカード会社が取り扱っている個人向けローンです。フリーローンと同じく、明確な目的がないときもお金を借りることができます。
サービスを受けるために専用のカードを作る必要があるため、「カードローン」と呼ばれています。

借入れするためには、ほかのローン同様、「返済能力」や「信用力」などを測る審査を受けなければなりません。
同時に複数のローンを申し込んでいたり、他社から多額の借入れを行っていたりするときは、審査に通りにくくなる可能性があります。

フリーローンとは?

フリーローンとは

フリーローンとは、主に銀行が取り扱っている個人向けローンです。住宅ローンや自動車ローンと異なり、「フリー」という名前のとおり、使用目的は自由です。
ただし、事業をはじめたり、投資を行なったりする目的で借りることはできません。
また、申込み時に使用目的の申告が必要になることがあります。金融機関によっては、申込時または融資実行後に使いみちを証明する書類が必要なことがあります。

ほかのローン同様、フリーローンも融資してもらうためには審査が必要です。明確な審査基準は公表されていませんが、「返済能力」や「信用力」は必ず見られるでしょう。

カードローンとフリーローンの違い

カードローンとフリーローンは、どちらも「借入金の使用目的が自由である」点において、似ているシステムです。しかし、カードローンとフリーローンには明確な違いがあります。

1つ目の違いは、「お金を借りられる回数」です。カードローンは、決められた限度額の中であれば、何度でもお金を借りることができます。一方、フリーローンは、申請した金額を1度借入れることができるだけです。追加でお金を借りるためには、再度、銀行などの審査を受ける必要があります。

2つ目の違いは、「金利」です。カードローンとフリーローンの金利を比較すると、フリーローンの方が金利が低く設定されていることが多いです。この場合、フリーローンの方が返済時の金利負担は少なく済みます。

3つ目の違いは、「2回目以降にすぐにお金を借りられるかどうか」です。カードローンは1度審査に通ってしまえば、契約した限度額の範囲内であれば、ATMを利用していつでも・何回でもすぐにお金を借りることができます。しかし、フリーローンは前述のとおり基本的には1度しか借入れできないため、追加で融資を受けたい場合には、改めて審査を受けなければならず、手間や時間がかかります。

4つ目の違いは、「管理のしやすさ」です。カードローンは、何度も追加でお金を借りることができるため、人によってはお借入れ残高や返済金額が把握しづらくなる場合があります。その点、フリーローンは「一度お金を借りたあとは基本的に返済し続けるだけ」「金利が低い」などの理由から、お金の管理がしやすいといえます。

おわりに

フリーローンは金利が低く、返済を行ないやすいメリットがある反面、融資を受けるたびに審査が必要であるというデメリットもあります。一方、カードローンは、何度でも手軽にお金を借りられる反面こまめな返済管理が必要である、というデメリットも存在します。
自分の収入、借入れしたい金額、返済にかかる期間および使用目的など、さまざまな条件・状況と照らし合わせ、最適なローンを選択してください。

なおダイレクトワンのローンは、限度額の範囲で繰り返しお借入れが可能なカードローンタイプが主流です。返済期日や返済金額がご不明の場合は、お客さま相談センター(0120-15-2525)にてサポートいたしますので、お気軽にお電話ください。給料日の変更等により返済期日を変更したいとき、限度額を増額したいときなど、ご相談もこちらの番号でうけたまわります。
また、他社のお借入れを計画的に返済したい方には、お借換えローンをおすすめしています。
お借換えローンは一度お金を借りたあとは基本的には返済し続けるだけなので、返済管理が容易で金利もやや低めに設定されています。

基礎知識 アクセスランキング

アクセスランキングをさらに見る閉じる

その他のカテゴリーから探して読みたい方