キャッシング・カードローン コラムCOLUMN

コラム(2016年02月26日)

[Vol.23]
キャッシング(カードローン)の借入限度額と増額について

借入限度額と増額

もしものときのために、まとまったお金を借り入れる方法として、キャッシング(カードローン)がありますが、キャッシングで借り入れできる金額は人によって違うことをご存じでしょうか。「もう少し借りられると思っていたのに予定が崩れた…」ということにならないよう、自分の限度額はしっかりと把握しておきたいものです。
そこで今回は、キャッシング(カードローン)の借入限度額と増額についてご紹介します。

限度額を考えるなら避けて通れない「総量規制」

借入限度額と総量規制

金融機関がキャッシングの商品説明で「最大○○万円まで融資可能」とうたっていても、実際の借入限度額がそれを下回っていたという経験は、キャッシングを利用されたことのある方にはよくあることかもしれません。
なぜそのようなことが起きるのでしょうか。理由の1つに「総量規制」という仕組みがあります。

貸金業者はお金を自由に貸し出せるわけではなく、貸金業法という法律によって細かく規制が掛けられています。貸金業法は多重債務者の増加を抑制する目的で2006年に改正され、2010年に完全施行されました。中でも特に大きな改正となった仕組みが「総量規制」です。

総量規制とは、簡単に言えば「貸金業者は利用者の年収の3分の1を超えて、お金を貸し出してはならない」という規則です。つまり、年収が300万円の人の場合、限度額の上限は原則として100万円までに制限されます。
総量規制は複数の会社から借り入れた場合にも適用され、年収が300万円の場合、A社から80万円借り入れていれば、B社からは20万円までしか借り入れることはできません。
なお、金融機関はカードローン(キャッシング)の審査をする際には信用情報機関という機関から他社の借入れ状況を含めた利用者の信用情報を照会するため、借入れ状況を金融機関に隠すことはできません。総量規制は、キャッシング(カードローン)では避けて通ることができない規則です。

金融機関からの信用次第では増額も

金融機関からの信用次第

総量規制の制限範囲であるにもかかわらず、それ以下の限度額しか示されないケースもあります。
一般的な金融機関は、年収や勤務先、雇用形態、家族構成などさまざまな属性情報を分析し、利用者の返済能力を判断したうえで貸出しの可否や金額を決定する「審査」を行ないます。申込み時に示された限度額が希望していたよりも低かった場合は、取引開始から一定期間経過した後、審査において返済能力があると判断されれば、総量規制を超えない範囲での増額が可能なケースもあります。

増額を希望するときは、金融機関から信用を得ることが必要になります。金融機関から信用を得るためには、延滞をせず、こつこつと期日通りに返済を続けていくことが大切です。

増額の流れとしては、おおむね新規契約から6ヶ月ほど経過してから増額の申込みをすると良いでしょう。正社員である程度の年収があったとしても、契約したばかりの状態での増額は取引事績が乏しいため、一般的には難しいかもしれません。

限度額以上は絶対に借りられない?

増額にも、やはり「総量規制を超えない範囲」というただし書がつきます。では、年収300万円の人が100万円以上の融資を受けたい場合に何か方法はないのでしょうか。
実は、総量規制の対象となるのは「貸金業者」のみです。貸金業者とは、「消費者金融」「クレジットカード会社」「信販会社」を指します。つまり、「銀行」「信用金庫」「信用組合」「労働組合」など、それ以外の金融機関であれば、総量規制の対象にはなりません。

年収の3分の1以上に借入れを増額したい方は、銀行などからの借入れを検討することになりますが、もちろん銀行なども貸付けには審査があります。 また、実際に年収の3分の1を超える借入れをして、きちんと返済できるのかを慎重に検討することが必要です。

一方で、すでに年収の3分の1を超える借入れがある場合は、返済専用の「お借換え(おまとめ)ローン」のご利用で計画的に残高を減らすことができます。 「お借換え(おまとめ)ローン」は総量規制の対象外であるため、ダイレクトワンをはじめとする貸金業者でのご利用が可能です。

総量規制は、キャッシングを利用する方を多重債務から守るために生まれた仕組みです。 総量規制を超える金額の借入れはできる限り控え、計画的にキャッシング(カードローン)を利用しましょう。

おわりに

今回は、キャッシング(カードローン)の借入限度額と増額についてまとめました。急にお金が必要になったときに増額できるように、日頃から返済期日を守り計画的にキャッシング(カードローン)を利用しましょう。ダイレクトワンでは、すでにご契約中のお客さまからの増額のご相談も承っております。増額をご希望のお客さまは、お取扱窓口またはお客さま相談センター(0120-15-2525)までお気軽にご連絡ください。
※審査の結果、ご希望にそえない場合がございます。

基礎知識 アクセスランキング

アクセスランキングをさらに見る閉じる

その他のカテゴリーから探して読みたい方