キャッシング・カードローン コラムCOLUMN

コラム(2016年07月25日)

[Vol.56]
クレジットカードのサインは英語?漢字?フルネーム?署名の書き方

クレジットカードのサインと署名の書き方

今や日本人は、1人あたり平均3枚前後のクレジットカードを保有しているといわれています。クレジットカードは大変便利なツールですが、管理方法などによっては悪用される可能性もあるため、取扱いには十分気を付けなければなりません。そこで、第三者の不正利用を防ぐための対策の1つが、クレジットカードのサインです。日本人であれば、クレジットカードのサインは漢字で書いているという方が多いようですが、ローマ字などでも良いのでしょうか?さらに言えば、平仮名やカタカナではどうでしょうか?
ここでは、意外に知らないクレジットカードのサインの書き方についてご説明します。

署名は漢字で書かなくても良い

まずは、クレジットカードのサインの目的を考えてみましょう。上記で挙げたとおり、主な目的はセキュリティ、つまりクレジットカードの名義人以外の人が本人に成り済まして利用するのを防ぐことです。そのため、クレジットカードに書かれているサインと、決済時に支払い者が書くサインが一致しなければなりません。

このことからクレジットカードのサインは、支払い時のサインと同じであれば漢字以外の文字を使用することもできます。ローマ字はもちろん、平仮名やカタカナ、他の言語表記でも大丈夫です。
中には、フルネームではなくイニシャルだけをサイン欄に記入することを認めているクレジットカード会社もあります。ただし、他人に筆跡をまねされないようにするためには、イニシャルだけよりはフルネームでしっかりサインを書く方が安全でおすすめです。

海外に行く際に気を付けたいこと

海外に行く際に気を付けたいこと

海外旅行に出かけるときは、クレジットカードは特に便利です。多額の現地通貨を持ち歩く必要がないため、ホテルや買い物などの決済はクレジットカードでほとんど済ませるという方も多いでしょう。
日本国内ではサインの代わりに暗証番号を入力する方法も普及してきましたが、海外ではまだまだサインが主流となっている地域も多いようです。
海外でクレジットカードを利用する機会が多い方は、パスポートとクレジットカードのサインを同じものにしておくと、トラブル回避につながるといわれています。海外旅行ではパスポートが唯一の身分証明書であるため、そのサインと一致していれば、支払いの際に同一人物であることを証明できます。

クレジットカードには必ずサインを

クレジットカードには必ずサインを

クレジットカードのサイン欄は、絶対に空白のままにしておかないことが重要です。
もし、サイン欄が未記入のままクレジットカードを紛失し、拾得した第三者がそのカードに自分のサインを書いて不正利用したら大変です。本来、盗難や紛失による不正利用はクレジットカードに付帯された盗難保険で補償されますが、本来の名義人のサインがなかった場合、被害が補償されない可能性があります。クレジットカードのサインは本人を確認する最大の証であるため、サインを怠った場合は名義人に重大な過失があると見なされるためです。

クレジットカードは、サイン欄と同一のサインをすることができる人物を本人と見なす仕組みになっています。利便性が高い分、取扱いには細心の注意が必要です。クレジットカードを作るときは、最初に受取ったらすぐに、自分が一番書き慣れている文字でカードにサインしましょう。サインをする際は書きやすい筆記用具で、はっきりと丁寧に書いてください。

署名欄がないキャッシング専用カードは細心の注意を

クレジットカードとは異なりますが、同じくカードでお金を借りられるキャッシング専用カードは、Visa機能が付帯していなければ署名欄がありません。暗証番号の流出はもちろん、カードそのものの紛失・盗難が絶対に起こらないように管理はきちんと行ないましょう。
クレジットカードやキャッシュカードにも同じことがいえますが、暗証番号をカードに書いたり、紙に書いて持ち歩いたりすることは絶対にやめましょう。

おわりに

クレジットカードの署名方法は、意外に自由度が高いことがお分かりいただけたでしょうか。
大切なことは、サインはクレジットカード利用者が名義人と同一人物であることを証明する文字であるということです。安心・安全にクレジットカードを利用するためにも、自分が書き馴れている方法でしっかりと記入しましょう。不正利用を防ぐには、何よりもまずクレジットカードの裏面にきちんと署名することが大切です。

基礎知識 アクセスランキング

アクセスランキングをさらに見る閉じる

その他のカテゴリーから探して読みたい方