キャッシング・カードローン コラムCOLUMN

コラム(2016年04月22日)

[Vol.37]
キャッシング(カードローン)の仮審査(事前審査)と本審査とは

カードローンの仮審査(事前審査)と本審査

キャッシング(カードローン)の利用を考えている方の中には、審査に通過するかどうか確信が持てない方もいるのではないでしょうか。
多くのキャッシング(カードローン)が、「仮審査(事前審査)」と「本審査」の2段階の審査を必要とします。審査の目的は、申込者に返済能力があるかどうかを事前に見極めることです。そのため、当然のことながら、審査に通過できなければ融資を受けることはできません。
ここでは、キャッシング(カードローン)の「仮審査(事前審査)」と「本審査」についてご紹介します。

仮審査(事前審査)とは?

仮審査の内容や判断基準は、金融機関によって異なります。年収や勤続年数、年齢などの基本的情報をもとにパソコン処理で自動的に融資可能かどうかを判断する簡易的な仮審査もあれば、最初の段階で個人情報を入力してもらい、個人信用情報機関に信用情報を照会する仮審査もあります。
なお、住所や氏名などの個人情報の入力を伴なわない簡易審査の場合は、あくまでも審査基準を満たしているかどうかについておおよその判断を示すに過ぎないため、簡易審査にパスしたからといって実際に申込みをした際に借入れができるとは限らない点に注意が必要です。

本審査とは?

本審査とは?

仮審査通過後、本審査で最終的に融資可能かどうかを判断します。また、いくらまでなら融資可能か、金利は何%か、などの具体的な融資条件が決まるのも本審査です。
申込時に申告した名前や住所、勤務先や年収などのデータが正しいものかについてもチェックされるため、虚偽の申告や書き間違いには注意しましょう。多くの場合は本人確認書類として、運転免許証などの提出を求められます。

また、申込者の勤務先に電話を掛ける「在籍確認」も本審査の段階で行なわれます。ダイレクトワンでは、融資を行なう担当者の個人名でお電話にてご連絡し、勤務先の方にキャッシング(カードローン)を申込んだことが分かりにくいように配慮しています。

審査通過のポイント

審査通過のポイント

それでは、仮審査と本審査の両方を無事に通過するポイントは何でしょうか。まず最も重要なことは、申込時に正確な情報を伝えることです。
どうしても審査に通過したいからといって偽りの情報を申告すれば、かえって信用を失くすことになります。そのため、大前提として申告内容は正しいものでなければなりません。

次に、在籍確認の電話が掛かってきた際に、きちんと電話対応をすることです。申込時に会社の代表電話等を記載すると、うまく在籍確認できない可能性も生じますので、確実に自分につながる番号を記入することが大切です。
また、キャッシング(カードローン)の申込みをむやみにしないことも大切です。個人信用情報機関にはキャッシング(カードローン)の申込履歴も記録されます。審査を通過する自信がないからといって、短期間または同時に何社も申込みをすれば、それ自体が審査で問題ありと判断される原因となるかもしれません。

おわりに

今回は、キャッシング(カードローン)の申請時に必ず受ける必要がある「仮審査(事前審査)」と「本審査」について、その審査内容と審査通過のポイントをご紹介しました。
審査基準や通過のポイントは公表されているわけではないため、上記の内容が絶対ではありません。まずは、申込履歴が記録されない「クイック診断」などのシステムを利用して、借入可能かどうかチェックしましょう。

スルガ銀行グループのダイレクトワンでは、ホームページの「クイック診断」で「年齢」「年収」「他社の借入状況」のたった3つの項目を入力することにより、お借入可能であるかを簡単に診断できます。ぜひ、ご活用ください。 。

審査 アクセスランキング

その他のカテゴリーから探して読みたい方